2018年1月10日水曜日

1月9日(火)第3学期始業式

 第3学期始業式が行われました。平成30年(2018年),船岡小学校のスタートです。
 2年生と5年生の代表児童が,3学期に向けて勉強面や生活面で頑張りたいことを発表しました。2年生の児童は,3学期は短くてすぐに終わってしまうので,今のクラスで楽しい思い出をたくさん作っていきたいという話をしました。5年生の児童は,もうすぐ6年生になるので,リーダーとして自覚を高めていきたいという,6年生に向けての心構えを堂々と話しました。
二人とも,3学期の始業式にふさわしい立派な発表でした。
 
 
 校長先生のお話では,今年の干支,戌年(いぬどし)にちなんだ「ワン」がつく「二つの大切なことば」についてのお話でした。
 一つ目は,「オンリーワン」という言葉でした。「他にはない,一つだけのもの」という意味であることを紹介し,人はみんな一人一人違うので,一人一人の良いところを見つけましょうと呼び掛けました。スポーツが得意,友達に優しくできるなど,よさも一人一人違うので。自分のよさを見つけて,あるいは,見つけてもらって,伸ばしていくことをお話されました。
二つ目は,「ワンモアチャンス」という言葉でした。「もう1回」という意味で,これから,いろいろなことにチャレンジしていく時に大切になる言葉として紹介されました。いろいろチャレンジしていく中で,1回でうまくいかないことがあるけれども,そのような時は,すぐにあきらめないで『ワンモアチャンス,もう1回』という気持ちでがんばってくださいというお話でした。
  校長先生のお話を聞いて,子供たちは,「オンリーワン」「ワンモアチャンス」,この二つの言葉を大切に今年一年頑張っていきたいという気持ちになって始業式が終わりました。
 


始業式が終わった後,5年3組の子供たちがステージに上がって,「全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール全国大会」へ出場してきたことを全校生に向けて報告しました。
 代表の子が,入賞はできなかったけれど,最高のダンスをすることができたのがよかったということと,全国大会後,柴田町の滝口茂町長に報告し,ご褒美をいただいたことについて話をしました。良い経験をしたことが伝わってくる報告でした。
 
 3学期は一番短い学期ですが,どの子も充実した学期になるように学校全体で取り組んでいきたいと思います。
 

2017年12月22日金曜日

12月22日(金)第2学期終業式

 朝は冷え込み,寒さが厳しい中,子供たちは元気に登校し,2学期の終業式が行われました。
3年生と6年生の代表児童が,2学期を振り返っての発表をしました。
 二人とも勉強面や生活面,学校行事で一生懸命に取り組んだことを堂々と発表しました。
 発表を聞いていた子供たちも,80日間という長い2学期を振り返って,自分が頑張ってきたことを確かめていました。
 


  校長先生のお話では,代表児童の発表の中に,「頑張ってやってみよう」といった言葉,達成感を味わって自分が主人公になったという話があったということを取り上げて,2学期の始業式で校長先生が約束した「チャレンジ」「しゅやく」を守ってきた結果であり,全校の子供たちも2学期にたくさんチャレンジし,みんな一人一人が主役になったというお話をしました。
 そして,もう一つの約束である「がまん」については,校舎改築で工事をしている人が話していたことを紹介しました。ある時,工事をしている人が,校長先生に「船岡小学校では,工事しやすい。」と言って,その理由は「船岡小学校の子供たちが,協力してくれるので,気持ちよく仕事ができる。だから,もっといろいろなことをしてあげようという気持ちで仕事をしている。」と話してくれたことを伝えました。校舎改築でみんなの「がまん」のお陰で校舎がきれいになってきているというお話をされました。



 校長先生の話を子供たちは真剣に聞いて,3学期に向けて更に頑張ろうという気持ちになっていました。

 
 
 

 
 


2017年10月28日土曜日

音楽発表会(一般公開)

校庭の木々がすっかり秋の衣に模様替えしました。
10月28日(土),船岡小学校の秋の最大の行事である音楽発表会が行われました。

音楽発表会には,大勢の方にお出でいただきました。
 


校長あいさつ
 
 片山校長先生より,音楽発表会に向けて子供たちに伝えてきたことを話されました。
一つ目は,「音楽」という文字どおり音楽を楽しんでほしいということ。友達の音楽,他の学級の音楽,様々な音楽に触れてほしいとのことでした。
二つ目は,音楽を通して心を一つにすること。音楽を通して,みんなでまとまって一つのものをつくり上げる。心を一つにすることで,達成感を味わわせたいということでした。
音楽発表会では,校長先生の二つのメッセージを受けて,子供たちは,音楽に楽しみながら一生懸命に心を込めて歌ったり,演奏したりしました。

はじめのことば(1年生)

 

1年生らしく,かわいらしい,明るく元気な発表をしました。
 どの子もはっきりと話し,会場から大きな拍手をいただきました。

(1) 5年生の発表
 
<鼓笛「校歌」「児童会の歌」> 

 6年生から引き継いだ鼓笛を,5年生が初披露しました。
鼓笛を引き継いだ5年生は,学校の中心となり,来年の運動会に向けて,さらに磨きをかけていきます。
 
<合唱「この星に生まれて」>
高学年らしく,ソプラノとアルトのハーモニーできれいな歌声でした。

(2) 3年生の発表

<リコーダー奏「カノン」>

リコーダーを習って半年ですが,「カノン」をきれいな音色で演奏しました。

<斉唱「じゃあね」>

友達を大切に思う気持ちを込めた歌を,心も声も一つにして歌いました。

(3) 1年生の発表

<合奏「ぶんぶんぶん」>

鍵盤ハーモニカの指遣いに慣れ,いろいろな曲調の「ぶんぶんぶん」を演奏しました。

<斉唱「おもちゃのチャチャチャ>
手拍子や手振りを入れながら,楽しさいっぱいで歌いました。

(4) 2年生の発表

<合奏「ドレミのうた」>

鍵盤のシャープやフラットを使いながら,軽快なリズムで「ドレミのうた」を演奏しました。

<斉唱「また会える日まで」>
「強いきずなをぼくはわすれないよ」など,友達を大切にしようという気持ちを込めながら,高音の所もきれいに声をそろえて歌いました。

(5) 4年生の発表

<合奏「聖者の行進」>

様々な楽器でジャズアレンジ風に,一体感のある演奏をしました。

<合唱「Smile Again」>

曲名のとおり笑顔で,強弱をつけたハーモニーで歌いました。

(6) 6年生の発表

<合奏「宇宙戦艦ヤマト」>

さすがは6年生という迫力のある演奏でした。

<合唱「あゆみ~しあわせへのプロローグ~>

心を一つに精一杯に歌う姿がすばらしく,最後を締めくくるにふさわしい歌でした。

わりのことば


それぞれの学年の発表の様子を伝えるだけでなく,6年生が卒業に向かってこれから取り組んでいくことを表明しました。

どの学年も,これまでの練習した成果が随所に見られたすばらしい歌や演奏でした。
保護者の皆様には,会場の後片付けも手伝っていただくなど,ご協力をいただきました。誠にありがとうございました。
2学期も後半に差し掛かりますが,実りある学期となりますよう取り組んでまいります。




                                                            
 

 


 



 
 

 

 

 

 

 
 

2017年10月6日金曜日

船岡小学校6年 修学旅行2日目の活動

 
元會津藩校 「日新館」

  日新館に到着しました。

 坐禅体験をしました。
 ざぜんは、館の方に確認したところ、「座禅」よりも「坐禅」の方が正しいとのことです。

 
 坐禅のやり方を一通り説明を受けた後、実際に坐禅を体験しました。
とても静かな気持ちになりました。 

 
「什の掟」
日新館では、「什の掟」について詳しく説明をしていただきました。

「什の掟」を一つ一つ確認した後、お辞儀をし、最後に「ならぬものはならぬのです。」と復唱しました。子供たちは、「什の掟」をしっかり心に刻んでいたようでした。

日新館での教えを学び、野口英世記念館に向かいました。


野口英世記念館  

               

野口英世記念館で、野口英世の生家を見学し、野口英世の生い立ちや研究について学習しました。
 
次は 桧原湖へ向かい 昼食を取ります。


桧原湖での昼食

 桧原湖の湖畔にある目黒で昼食を食べました。

 昼食は、子供たちの大好きなカレー!

あまりにも美味しくて、お代わりの大行列ができました。






 子供たちは、「おいしい。」、「うますぎる。」などと言ってお代わりをし、中には4杯もお代わりをする子もいました。
お店の人からは、「こんなに食べる子どもたちは初めてです。たくさん食べてくれるのでうれしいです。」と驚かれるほどでした。


到着式

予定時刻より,少し遅れて学校へ到着することができました。
学校では,5年生の子供たちが,「おかえりなさい!!」という表示を持って出迎えてくれました。また,大勢の保護者の方と先生方が校庭に集まってくれました。
 
少し疲れが見えていた6年生ですが,最後まで気を引き締めて到着式に参加しました。
司会を務めてくれた子が元気よく,教頭先生に「ただいま帰りました!」という挨拶をしました。
教頭先生からは,「楽しい修学旅行だったようで,何よりです。」という言葉をいただき,子供たちも教頭先生の呼び掛けに元気よく「はい。」と答えていました。
クラス代表の子が,修学旅行全体を振り返って,感想を発表しました。どの子も,具体的に何を学んだか,どんな経験をしたかを立派に発表しました。
校長先生から,2日間一緒に過ごして,6年生の良いところをたくさん見つけることができたということ,そして,修学旅行で学んだことを学校生活に生かしてほしいというお話をしていただきました。
最後に,西牧先生から,6年生に諸連絡をして到着式を終えました。6年生の表情から2日間充実した活動をしたという様子でした。多くの保護者の皆様には,ご理解とご協力をいただき,誠にありがとうございました。お子さんからぜひお土産話をたくさん聞いていただければと思います。